FC2ブログ

海の向こうで暮らしてみれば

日々の小さな発見や初めての育児、ワンコのことをゆっくりつづります。

Entries

日本滞在記 その2

 日本に到着して最初の一週間はジュジュはもちろんの事私も時差ボケで何となくしっくりこない毎日。そして何よりもこたえたのは山ならではの寒さ。調度暖かくなり始めたフランス生活から、またしても冬物のコートが必要な生活に戻った感じでこの頃の写真に写っているジュジュのほっぺは真っ赤(笑)!!!


 ジュジュの顔を見て嬉しそうな両親を見られるのは私も嬉しかったですし、祖母にもジュジュを連れて会いに行く事が出来ました。




 
 山ならではの美味しい空気を吸いながら、私の産後の太った体型を気にする両親の独断のもと毎朝時差ボケであろうが、何であろうが、早朝ウォーキングに父と共に出掛けることになりました。



 まあ最初は20分のウォーキング何てたいした事ないだろうとなめきっていた私ですが、毎日続けているうちに朝のキンと澄み切った空気を吸い込みながらのウォーキングはキツイが何故か気持ちが良くなって心まで澄み切っていくようなのです。



 ウォーキングから帰ってくると美味しい地元野菜のサラダやら何やらの母の朝ごはん。自分以外の誰かが作ってくれたご飯はこんなに美味しくてありがたいものなんだ~!と思った瞬間でした。


 山での生活の最後の朝は雲ひとつ無い良いお天気でした。

           SAM_0749_convert_20140512222933.jpg


 堂々とした浅間山をしっかりと目に焼きつけました。そこからはまたしばしのドライブの後に叔父の家へ。
美味しいご飯を叔母が作ってくれていて、とても楽しくてあっという間の一時でした。



            SAM_0762_convert_20140512223241.jpg




日本の甘くて美味しいイチゴも頂きました。贅沢にも2種類を交互に頂きま~す!日本のイチゴは何と美味しいのでしょう。甘みが普段フランスで食べているのとは違い味が濃い!


            SAM_0763_convert_20140512223434.jpg





ジュジュは叔父の愛するコイたちにも興味深げに見入っていました♪

夕方には叔父の家から地元へ移動。車窓からの風景がどんどん懐かしくなり、地元へ到着しました。


滞在したホテルのご好意で、部屋にはベビーベットを入れて頂きました。


           SAM_0786_convert_20140512223807.jpg

ここのベットでジュジュも摑まり立ちデビューしました。実はもうそろそろだろと感じていたので、私としてはわざと柵に摑まって立たせるような事は避けていたのですが、見破られてしまいました。




その後も短い滞在中に弟夫婦や従兄弟たちにも会うことが出来ました。特に滞在したホテルから近かった叔父と叔母は何度も食事に呼んでくれて、そのたびに美味しいご飯を振舞ってくれました。


 
 今回の帰国時には弟宅のクローゼットに眠っていた弟の5月人形を頂きました。ケースは超巨大で、その事も手伝って、私も子供の時にあまり見たことのない存在だったのですが、箱を開けてみるととても状態が良かったのには驚きました。郵送するか飛行機で帰るときに一緒に持って帰るのかは少しばかり迷いましたが、郵送で気を揉む事や破損の危険性を考えて、帰国の際に一緒に持ち帰りました。

             SAM_0774_convert_20140512223629.jpg



もともとは弟のためにと祖父が買ってくれたものだけれども、ジュジュの初節句を目前にしたこの時期に我が家へ来る事になったのもきっと何かのご縁と感謝しています。亡くなった祖父も喜んでくれると良いなあ。。。




 

そして今年は厄年なので川崎大師へお参りに行きました。小学校の頃は毎年スケッチブックを抱えて遠足にも来ていましたが、久しぶりです。

              SAM_0789_convert_20140512230959.jpg


もちろん地元のローカル線に乗って行きました。


              SAM_0791_convert_20140512231213.jpg


今回は赤ちゃん連れだったので、なるべく食事の時間と午後のお昼寝はきちんとできるように心がけながら(もちろん予定の関係で出来ない日もありましたが)の滞在でした。地元では叔母が近所の児童館にも連れていってくれました。ジュジュと同じくらいの年齢の赤ちゃんも居ました。おすわりもして立ち上がりそうな子もいましたし、日本のお母さんがこの月齢の赤ちゃんとどんな風に接しているのかを見られたのも貴重な体験でした。


ジュジュが泣くのは何かが怖い時とお腹がすいた時位で、どこに連れて行っても大人しいことが多かったので、1日1個ぐらいのペースで用事を片付けられました。久しぶりに桜が見られて、ゆっくりと出来た3週間。大満足の日本滞在でした。




Comment

NoTitle 

海を渡った五月人形、おじいさまもさぞお喜びの事でしょうね。
帰省中の上げ膳据え膳は本当にありがたい事だったなあとしみじみ思います。
本当に羨ましい限りのすてきな里帰りでしたね。
そしてジュジュちゃんもいい子で大助かり?だったんですね。
ウォーキング、私もやろうやろうと思いつつ・・・以下省略(笑)。
  • posted by leeloux 
  • URL 
  • 2014.05/13 14:06分 
  • [Edit]

leeloux さんへ 

五月人形はそのケースが超巨大だったんですね。それで私もあまり見たことがなく、「こんなお顔だったんだ~!」というものでした。
本当にもてなしてくれる人がいるというのはありがたい事ですよね~。フランスに帰ってくると更にそのありがたみがヒシヒシと。。。
私もついつい色んな事を言い訳に運動しないので、まずは家の近所の散歩を日常化しようと頑張ってます(汗)
  • posted by tintinmaman 
  • URL 
  • 2014.05/14 07:41分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

tintinmaman

Author:tintinmaman
タンタンママです。フランス菓子を勉強するために渡仏。フランス・リヨンの郊外での生活も15年目突入。パティシエを続けながら、同職の夫と2人の息子たちとのんびり生活中。

夫→普段は物静かな人。しかし怒らせると手が付けられない典型的なラテン男。こだわる事については完璧主義な働き者。

タンタン→長男・2008年5月4日生まれ。サッカー好きなおしゃべり9歳児。

ジュジュ→次男・2013年8月21日生まれ。お兄ちゃんと同じ4000gで生まれたビックな赤ちゃん。年中さん。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター