FC2ブログ

海の向こうで暮らしてみれば

日々の小さな発見や初めての育児、ワンコのことをゆっくりつづります。

Entries

日本の教科書

 
  先日日本領事館からメールで連絡を頂き、教科書を受け取りに行ってきました。この日本の教科書の受け取りは4月の末までだったので、ヴァカンスに入ったのを見計らって(笑)

本人(タンタン)は日本語ほとんど話せません(爆)これは完全に私の力不足。タンタンが生まれた当時まだまだ自分のフランス語がつたなくて自分でどこかに電話とかも出来なかったです。例えばお医者さんのところに行くのに予約とか。それも緊張してドキドキしながら会話の内容を聞き逃さないように、会話のパターンを紙に書いたりしてました。そんなつたないフランス語で私がタンタンに話しかけていたのです。

 
 ジュジュが生まれてから、ジュジュとは日本語だけでの会話なので、タンタンはそれを聞くともなく聞いています。時々こちらが忘れた頃に「おはようございます」とか「マモン、大好きよ~」と思いっきりフランス語訛りで言ってくれます。

タンタンはN氏に似ていて、1度聞いた言葉で意味が解ると覚えていて、たまに私の言っていることが解ったりもする様ですが、基本的には私とジュジュの会話が解らず、その時点で「僕はフランス人です。日本語は解りません。」と言います。私は自分の責任でもあるので、日本語を勉強するのに強要はしませんが、ジュジュと少しでも日本語で話しながら興味を持って貰えるように少しづつタンタンにも日本語で話しかけるようにしています。

昨日は領事館までの道のりで「領事館のお姉さんに何ていうの?」って聞いたら「こんにちは!」と笑顔で言ってくれて少し安心。領事館でお姉さんがタンタンが挨拶する間もなく教科書を持って来てくれました。そしてお姉さん「ピカピカの1年生ですね。」と言いながら渡してくれました。

日本の様に入学式も何もなくすでに小学校生活が始まっていたので、私は妙に嬉しくなりました。ピカピカの1年生。「こんなに大きくなったのか。日本だったらランドセル背負って通学するんだな~」と思いジーンと感動。


フランスにはない図画工作やあたらしいせいかつなどの教科書もあります。フランスでは朝顔の観察とかないものね。1年生の夏休み前は重い朝顔のプランターを抱えて家に帰ったなあ。と自分の小学校1年生の時の事を思いだしたり。
そう考えるとお花が大好きなマミーがタンタンにお花の名前を教えてくれたり、家でお菓子を一緒に作ったりするのも日本の学校生活の中でやる事と似ているのかな?

タンタンが少しづつでも日本に興味を持って貰えるように、たまには一緒に教科書を見てやってみようと思います。国語の教科書は平仮名で書いてあって、ちょっとだけ昨日の夜に読んでくれました。「解るの?」って聞いたら「意味は解らないけどあいうえおは解る。アンパンマンのあいうえおの本で読んだじゃない?」って言ってました。


 
 ジュジュの午前中のお昼寝時間に重なってグズグズになったら大変なので、朝早めに自宅を出発。9時半には領事館を出て、タンタンに「公園寄っていく?」と近くにある公園に行くことにしました。
動物園もあって、大きくて広い公園。前のレストランの時は目の前に勤めていたので、毎日行ってました(笑)タンタンはジュジュのパスポートを作りに行った帰りに来て以来。その時は凄く混んでいて動物にもあまり興味を示さなかったタンタンも昨日は楽しんでゆっくり回れました。ジュジュはバギーの中からジッーと動物を眺めてました。

そのジュジュに「シマウマだよ。キリンさん。ペリカン。・・・・」と私が日本語で話しかけ、タンタンはフランス語で話しかけてくれました。私が「シマウマって男性名詞?女性名詞?どっちだっけ?」と聞くと「男性名詞だよ。」って教えてくれました。
タンタンがそう教えてくれる前に目の前でシマウマの写真を撮っていたアフリカ系のお母さんが振り返って「男性名詞よ!」ってニコニコしながら教えてくれました。こういう知らない人でも咄嗟に助けてくれるこちらの人が好きです。

子供たちにはフランスも日本も両方の良いところを少しづつ身に着けて行って欲しいと思った1日でした。


Comment

NoTitle 

タンタンくん、きっと日本語を話せるようになりますよ。
弟くんがいなければモチベーションも上がらなかったでしょうが、きっといい刺激になるのでは?
年頃的にも繊細でしょうから自然な流れの中で身に付いて行く形が一番受け入れやすいんでしょうね。
日本のご家族とへんてこでもいいから日本語で会話が出来るようになるだけでも嬉しい気がします。
脳みそもまだまだピカピカだから(笑)
ピカピカの一年生、懐かしいなあ。
桜並木とランドセル、思い出しますね。
  • posted by leeloux 
  • URL 
  • 2015.04/22 09:37分 
  • [Edit]

leelouxさんへ 

次男坊と私の会話が解らないと彼自身いろいろ心の葛藤があるようです。今回この日本の学校の教科書を貰った出来事が彼の競争心と言いますか、何かを呼び起こしたみたいです(笑)
まずは彼の大好きな算数から、早速今朝から張り切ってやっていました。
本当に年齢的に繊細と毎日ヒシヒシと感じていますよ。精神年齢が6歳以上の部分とまだまだ甘えたい部分があり、母親の私ですら戸惑ってしまうことが多々ありです(汗)

ピカピカの1年生。その言葉を聞いて私も桜の木の下で母と写真を撮ったことを思い出しました。音楽もそうですけど、言葉、花や緑の香りも私たちの心の奥底の思い出を引き出してくれるんだな~なんて思いました。
  • posted by tintinmaman 
  • URL 
  • 2015.04/22 20:06分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

tintinmaman

Author:tintinmaman
タンタンママです。フランス菓子を勉強するために渡仏。フランス・リヨンの郊外での生活も15年目突入。パティシエを続けながら、同職の夫と2人の息子たちとのんびり生活中。

夫→普段は物静かな人。しかし怒らせると手が付けられない典型的なラテン男。こだわる事については完璧主義な働き者。

タンタン→長男・2008年5月4日生まれ。サッカー好きなおしゃべり9歳児。

ジュジュ→次男・2013年8月21日生まれ。お兄ちゃんと同じ4000gで生まれたビックな赤ちゃん。年中さん。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター