FC2ブログ

海の向こうで暮らしてみれば

日々の小さな発見や初めての育児、ワンコのことをゆっくりつづります。

Entries

バタバタな6月

 お久しぶりです。5月の末から隙を見ては記事の下書きを繰り返しながら、6月も折り返してしまいました。そんな間に外はどんどん暑くなり、すでに真夏並みの日々も。今週は少し涼しめですが、夕方になると雨が降り出す日が多く、帰宅すると急いでベランダの洗濯物を取り込むなんて日々です。


でも夕立って何だか好きなのです。夕立が来ると何故かホッとすると言うか、少し日本を思い出します。不思議です。もしかしたら、雨が降ったときの湿度の上がった感じが日本を思い出させるのかもしれません。



さて、9月から新学期のフランスは今まさに年度末。学校行事も6月に多いので、職場からタンタンの学校へ直行何て日もちらほら。「普通にお勤めしていたら有り得ないだろう・・・」と思わずぼやきたくなるような14時台に発表会があったりするので時には会社を早退して駆けつけるなんて日もあります(汗)幸いにも私は朝が早いので、14時台に学校集合でも1時間程の早退で済むから良いけれど、普通に9時~17時のお勤めの親御さんなんていったいどうしているのだろう?と思います。


             SAM_1295_convert_20150628204129.jpg
 

この日は学校で1年生と2年生合同の歌とダンスの発表会でした。発表会とは言ってもそんなにかしこまったものではなく、校庭に子供たちが並び、それを親がベンチに座り参観するという感じのゆる~い発表会です。もちろん子供たちのダンスの途中で流していたCDが突然止まったりするハプニングもあり。先生たちもてんやわんや!まあそういう普段の生活ぶりが垣間見える方が逆に安心するんですが。
 タンタンはいつものごとく一番後ろの列のはじの方で一生懸命に歌っていました。ダンスは女の子とペアになって踊るフォークダンス的なもので、これは手前の真ん中辺りで良く見えました。



 そして勿論職場も年度末なので大忙し。いつもの2~3割増しの客数です。ただ体育会系な仕事なので、何も考えずとにかく思いっきり動けるというのは気持ちが良かったりもします。そして家に帰り、諸々の家事等こなした後にうっかりソファーでうたた寝しちゃってる日もあり、その眠りから覚めた瞬間に一日のハードさを実感します。


 そこに最近は夕方にイレギュラーな小児科・眼科・歯科健診など(予約してから以上に待ち時間の長い病院関係)が立て込んでしまい、毎日てんやわんや~。あまりの私のヘロヘロ状態を見かねてN氏が子供たちを連れて外出してくれたりなんて日もありました。マミーもちょっと荒れ気味な我が家のお掃除をさり気なくやってくれて、申し訳ないとは思いつつも甘えてしまいました。


もうすぐ2歳になるジュジュは益々大きく成長中です。先日の小児科健診では身長89cm、体重13kg でした(汗)。お兄ちゃんも大きめだったけれど2歳直前辺りから成長曲線が緩やかになっていました。ところがジュジュはしっかり成長中でした。まあ、普段からご飯をしっかり食べていますから「やっぱりね。。。」と言う感じですが。かかり付けの小児科の昔ながらの体重計もぎりぎりお座りで乗れたという大きさでした。
 ここに来て今まで全然しゃべらなかったのが、急に言葉を発するようになってきました。朝は私が「おはよう~!」と言うと「おはよう~!」とそのまま返してくれます。お兄ちゃんのことも今まで「パパ」と呼んでいたのに「にいに~」とか「タンタン」と呼ぶようになりました。日本語の語彙の方が若干少ない気がしますが、お兄ちゃん・パパには仏語。私には日本語と言うのは理解しているのか?と思うような言動があるので、このまま私も日本語のみで話しています。


              SAM_1285_convert_20150628204307.jpg



車の中で童謡のCDや邦楽を聞いていて、私が口ずさんでいると後ろから「ふ~ん、ラララ~!」とハミング的な音だけで歌っていたり、知っている童謡だと手を動かしていたり。テレビの番組表を見ながら、各局のロゴを指さして「教えて~!」と言いたげに大人たちに局名を言わせる遊びをしています。これには私もマミーも皆がビックリ。この遊びはタンタンが昔やっていたのと同じ。兄弟だからなのか?同じようなことに興味を抱くのですね。

 一番大好きなのは「車」です。駐車場に車を止めると1台ずつ車体に着いているロゴを手で触り確認する作業をします。おかげで、私もかなりの数の車メーカーのロゴを覚えることになりました。それをフランス語ではなく日本語のカタカナ読みにするって言うのが結構頭を使います。以前私の叔父がタンタンにプレゼントしてくれたトミカのミニカーが大活躍しています。


先日は父の日で、パピーが毎年恒例のバーベキューをしてくれました。私たちからは今の時期に履けるようなサンダルをプレゼントしました。N氏はパピーの家庭菜園で採れたフランボワーズを使ったケーキを作ってくれました。甘いものが大好きなパピーが喜んでくれて何より。


              SAM_1290_convert_20150628204047.jpg


そんなパピーが最近足のふくらはぎの部分にタトゥーを入れました。私からすると「タトゥー~!!!」と最初は驚きましたが、咄嗟の思い付きではなかったようでどうやら数年前から考えていたそうです。そしてその出来上がったタトゥーを見てビックリ!
何と息子たちの日本語の名前をタトゥーにしてしまったのです。うちの息子たちは2人とも漢字1文字の名前なので、その漢字を縦に並べています。2つの漢字の間には赤と緑で桜の花が数個流れるように入っています。

接客業をしているパピーなので、足ならばズボンで隠れて見えないと言うのとあと1年程で定年退職なのでこのタイミングでタトゥーを入れようという事になったみたいです。それにしても。。。孫の名前を体に刻んでしまうパピーには驚かされたの一言。
彼は一見強面で、私が妊娠中も全く興味がない様子だったのです。でも生まれるとデレデレ。自分の子供たちが小さい時には仕事が忙しくて遊ぶことはあまりなかった時間を取り戻したかのような。

ジュジュを出産した時には病院がパピーの職場の目の前だったので、毎日のようにジュジュの顔を見に来たりしました。私の両親にタトゥーを見せたいから写真を撮らせて~と言ったら、「これは世界に1つだけの僕のタトゥーだから!」とニヤリと悪戯ぽく笑うパピーには驚かされました。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

tintinmaman

Author:tintinmaman
タンタンママです。フランス菓子を勉強するために渡仏。フランス・リヨンの郊外での生活も15年目突入。パティシエを続けながら、同職の夫と2人の息子たちとのんびり生活中。

夫→普段は物静かな人。しかし怒らせると手が付けられない典型的なラテン男。こだわる事については完璧主義な働き者。

タンタン→長男・2008年5月4日生まれ。サッカー好きなおしゃべり9歳児。

ジュジュ→次男・2013年8月21日生まれ。お兄ちゃんと同じ4000gで生まれたビックな赤ちゃん。年中さん。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター