海の向こうで暮らしてみれば

日々の小さな発見や初めての育児、ワンコのことをゆっくりつづります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパと・・・

 
 今日はやっぱりフランスならでは?いや、こんな事は有り得ないだろう・・・というお話です。

パピー(義父さん)の親戚に不幸があり義両親はお葬式に行くことになりました。もちろん急の事で、これまでクレッシュやベビーシッターさんのお家で預かってもらうことがなかったジュジュを私たちが仕事の間どうするのか?ということになりました。

N氏の叔母さんがアシスタント・マテリネル(公認のベビシッターで、自宅で子供を預かる職業)なので彼女にジュジュを預かって貰おうとすぐに提案しました。でもN氏はその日仕事を休めないか職場のシェフに相談してみると言いました。






 もちろんN氏は事情を上司に説明したものの急だった事もあり休みを取ることは出来ませんでした。N氏は年に数回だいたい2、3か月に1回の割合で契約書を更新する職なのですが、9月の上旬からの契約書はまだ受け取っていませんでした。まあ法律上で言えばあり得ない話なのですが、フランスでは結構よくあること。つまり9月上旬から仕事には普通に行っているけど、契約書はまだ貰っていなくて、サインをしていない状態。だからN氏は「やむを得ない事情があって子供を預ける先がないけれども、それを承知の上で休みが取れないのならば、ジュジュを連れて出勤する!何かあっても事実上契約書はないのだから。」と言い出しました。


流石に彼の言葉を聞いた時は「叔母さんに電話して、ジュジュを預かってもらおう!」と言いましたが、頑固なN氏。「大丈夫。必要な荷物の準備とお弁当だけ用意してくれればいいから~!」と言って聞きません。


次の日の朝、私はいつも通りに出勤。タンタンは近所の友人が学校まで送り届けてくれて、ジュジュはパパと出勤?しました。もちろんお昼のお弁当やお昼寝用の折り畳みベット、オムツなど大荷物をトランクに詰め込んで出勤。

私は職場についてすぐに事情をシェフに説明して30分早めに退社させて貰うことにしました。1日中「どうしてるかな~?」と心配になったり、夫は今日で職場を辞めさせられるんじゃないか?などと最悪の事態を想像しながら勤務していました(笑)

N氏退社時間の1時間半前に彼の職場にジュジュを迎えに行きました。「ただいま~ジュジュ!お利口さんにしてた?」と事務所に入っていくと、掲示板のはじに並んでいる色とりどりのマグネットで真剣に遊んでいる息子。N氏の同僚の方にも挨拶をして、その日1日どんな様子だったか聞きました。

すると何とも予想外の返事が返ってきました。その日午前中にあったミーティング時に息子の存在に気付いたN氏の上司は「あ~ちゃんと解決策が見つかったんだね~!」と喜びながら息子と遊んでくれ、ミーティングを終えて任務に戻って行ったそうです。

私も某国際組織のレストランで働いていた時には中には事務所に夏休み中の子供を連れて出勤している人がいました。でもジュジュのような小さい子ではなくて、小さくてもタンタンぐらいの1人で待つことが出来る小学生でした。

頭の中が?だらけになりながらも大事にならなくて良かった~と安堵しながら息子をチャイルドシートに乗せて帰宅しました。
以前どこかで、フランスは学校が休みの日などに親が出勤しなくてはならない場合、パトロン(社長・雇い主)の承諾があれば子供を連れて出勤しても良いという事を耳にしたことはありましたが、結構久しぶりのカルチャーショックでした。


帰宅してから「今日はパパと1日お仕事に行って楽しかった?お利口さんにしててえらかったね。」とジュジュに話しかけると、いつもの大好きなミニカーでマイペースに遊んでいる息子は不思議そうな顔をしていました。


Comment

NoTitle 

きゃー、読んでいるワタシまでドキドキしました。
何はともあれ、無事に(?)一日が終わって何よりでしたね。
お子さん連れでお仕事されている方、たまに見かけるのですがフランスってこういう部分大らかなんだなーって思っていましたが、共働きのご夫婦で小さなお子さんがいらっしゃるとこういう事、あるんですね。

うちの田舎も収穫まっただ中で、仲良しの友人がシングルパパになったのでうちでちびっこを預かる事になりました。
なんだかケースは違うけど他人事とは思えなくて、タンタンママさんがご近所だったらお役に立てたかも?なんて思っちゃいました。
パパさんも覚悟を決めての出勤だったと思いますが、ジュジュくんもよく頑張りましたね。
お疲れ様でした。

  • posted by leeloux 
  • URL 
  • 2015.09/11 18:37分 
  • [Edit]

leelouxさんへ 

私も1日心配しながら勤務していました。うちの子たちの様に普段から行っているヌヌさんやクレッシュがない場合、なかなか急に預かってくださる方を探すのは難しいんですよね。やはり当の子供たちが1日過ごすことになるので、私も安心して預けられるところとなると本当に限られてきます。あと我が家の場合朝が早いのでヌヌさんでも時間的に預かれないと言われる方も多いんですよね。
vendange始まりましたね。シングルの親御さんだと、1人で子供さんの預かり先を探すのは本当にそれだけで時間がとられてしまって大変だろうなと想像します。お友達のleelouxさんに預かって頂いて安心してお仕事行けますね。

主人は私が何と言っても決めたら聞く耳はない頑固者なので(笑)私も今回はハラハラしながらも見守りました。主人の職場の方はとても理解があり、子供がそばに居ても仕事がこなせたとの事が唯一の救いです。

先日(2週ほど前)緑のレンヌ・クロードと言う種のプラムが手に入ったので、もう時期的に遅いかな?と思いながらもleelouxさんの書かれていた方法で梅干しを仕込んでみました。これから干すのに良さそうなお天気の日があるのかドキドキしながらも経過観察中です。どんな味に出来るかな?と楽しみです☆
  • posted by tintinmaman 
  • URL 
  • 2015.09/11 23:46分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

tintinmaman

Author:tintinmaman
タンタンママです。フランス菓子を勉強するために渡仏。フランス・リヨンの郊外での生活も10年目突入。パティシエを続けながら、同職の夫と2人の息子たちとのんびり生活中。

夫→普段は物静かな人。しかし怒らせると手が付けられない典型的なラテン男。こだわる事については完璧主義な働き者。

タンタン→長男・2008年5月4日生まれ。サッカー好きなおしゃべり5歳児。

ジュジュ→次男・2013年8月21日生まれ。お兄ちゃんと同じ4000gで生まれたビックな赤ちゃん。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。