FC2ブログ

海の向こうで暮らしてみれば

日々の小さな発見や初めての育児、ワンコのことをゆっくりつづります。

Entries

好きな味



先日はパン・デピスを焼いてみました。ここ数年クリスマスが近くなると毎年作ってみたい~!と思っていたのが、なかなかトライできず。今年は手を痛めたおかげと言いますか、思いがけず時間があるので作りました。


パン・デピスっていろんな作り方があるのですよね。最初の1回目に作った時は市販のパン・デピス用のスパイスを使いました。
でもそれって必ずと言っていい程アニスが入っています。私アニスがちょっと苦手で、物によっては食べられるのですが・・・

そんな訳で2回目は自分で家にあるスパイスを混ぜてみました。

シナモン、クローブ、ナツメグ、ジンジャーパウダー の4種類を混ぜてみました。



砂糖は使わずに我が家の近郊で採れた色の濃いハチミツを使って。粉はスーパーで手に入るパン用の「Pain Multi-Céréales」を振るって中に入っていた種類を取り除いて使いました。ライ麦粉が欲しかったのですけど、売ってなかったので。


それで出来たら兎に角すぐにラップに包んで数日。焼けたら崩れないかなどと気にせず、型から外して。



そこからが辛抱。この数日でハチミツとスパイスとすべてが馴染んで美味しくなりますように~。ともう頭の中はそれだけになりながら待つ。



そして数日後切ってみました。


20171222_113416.jpg



上手に焼けました!

食べた瞬間に何故か食感と味から、子供のころに日本で食べていた「黒糖蒸しパン」を思い出しました。この蒸しパンは父と「潰して食べると美味しいよね?」って言う私たちだけにしか解らない食べ方があったんですね。

そんなエピソードを思い出しながら、子供たちにも食べさせてみました。タンタンは苦手だったみたい。ジュジュは気に入ったみたいです。



思い出の味とは思い出の音楽と同じで、その当時の情景だったり空気なんかも一緒に思い出すものなんだな!って思いました。


会社に居る時に市販のパン・デピスをグラタン皿のような深い皿に敷き詰めて洋ナシのシロップ煮のスライスを乗せて更に上からパン・デピスで蓋をする様に敷き詰める。そこに卵とクリーム、牛乳などで作った液体をひたひたに流して焼く。


      SAM_0005.jpg


こんな見た目は地味なお菓子なんです。でも美味しいと言って食べてくださるお客さんがいて。思い出の味になれば良いな~と思いながら頻繁に作る私の定番です。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

tintinmaman

Author:tintinmaman
タンタンママです。フランス菓子を勉強するために渡仏。フランス・リヨンの郊外での生活も15年目突入。パティシエを続けながら、同職の夫と2人の息子たちとのんびり生活中。

夫→普段は物静かな人。しかし怒らせると手が付けられない典型的なラテン男。こだわる事については完璧主義な働き者。

タンタン→長男・2008年5月4日生まれ。サッカー好きなおしゃべり9歳児。

ジュジュ→次男・2013年8月21日生まれ。お兄ちゃんと同じ4000gで生まれたビックな赤ちゃん。年中さん。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター