FC2ブログ

海の向こうで暮らしてみれば

日々の小さな発見や初めての育児、ワンコのことをゆっくりつづります。

Entries

甘党?


 こんにちは。

  
誰かによく「パティシエをしているなら甘いものが好きなんでしょう?」と言われます。

私はパティシエには2つのタイプの人がいるのではないかな~?と思うのです。






 1つめは仕事でもプライベートでも甘いものが大好きで、食べる人。

 2つめは仕事では甘いものを作り、味見もするがプライベートでは甘いものはあまり食べない人。


私は2つめの方です。どちらかと言えば甘いものは好きなのですけど、自分が作ったお菓子は1ポーション丸ごとを食べることはほとんどありません。勿論作れば味見はします。でもプライベートで食べたいな~と思うのはしょっぱいものや和菓子です。



和菓子はこちらでは殆ど売っていないので、自分で作るのは時々。我が家の男子は和菓子は苦手なので。
先日はスーパーで黒砂糖を見つけました。いよいよフランスのスーパーでも黒砂糖が買える日が来たのか!と1人大興奮して黒糖蒸しパンを作ったりしましたが。





                   20180120_173852.jpg



昨日はN氏が早朝からお友達のパン屋さんにお菓子を作るお手伝いに行ってました。↑のようなお菓子がこちらのパン屋さんで売っているお菓子のオーソドックスなものかなと思います。

これにミル・フィーユやレモンタルト季節によってはフレジエなどでしょうか?あとはリヨンから近いので名物の赤いプラリネのタルト。

我が家の子供たちは小さいころからお菓子を食べて、勿論お気に入りがあります。


タンタンは何でも食べますが、フルーツのお菓子が好きな様子。中でもフランボワーズ大好き。

ジュジュはフルーツも好きですが、チョコレート味が好きなよう。



もちろん場所にもよると思いますが、最近の我が家の近所のパン屋さんはお菓子も手作りで作っているお店は少なくなってきました。冷凍のものを少しデコレーションして堂々と出しているところもありますし、一部を市販品を使っていたり。


写真にも写っているババ・オ・ロム(ラム酒風味のシロップにババと言う焼き菓子を浸し、クリームとフルーツで飾ったお菓子)やシュクセ(写真左上のお菓子。アーモンド風味のダッコワーズと言う生地にガナッシュを挟みチョコレートでコーティングしたもの。)のような昔からあるお菓子と言うのは甘さが強いのもあるからなのか?手間がかかるからなのか?段々と見かけなくなっているお菓子です。



時代と共に少しづつ甘さの少ないお菓子が多くなってきています。でも本当に美味しいお菓子はある程度の甘さ、油分(バターや卵黄)がなければ出来ないと思います。



昨日フランス料理の王様とも呼ばれたポール・ボキューズ氏が亡くなられたとニューズで流れていました。

彼は私がフランス菓子を学んだ学校のあるその土地を初代の校長先生に紹介した人物とも言われていました。在学中にはボキューズ氏の誕生日(当時80歳だったと記憶しています。)を祝うために学生全員で彼の名物料理であった魚のパイ包み焼きを皆で焼いて大皿に盛り、学校の中のシャトーの前で写真を撮ったりしたものです。


その後、在学中に私が研修先に行ったのはリヨンのチョコレートが有名なお店でした。そのお店の当時のオーナーの奥さんはボキューズ氏の娘さんでした。ですからリヨン郊外にあるボキューズ氏のレストランへデザートやお茶の時に出される小さなお菓子もこの店のものが使われていました。

当時ラボで仕込みをしていると、何人もの叔父さんたちが挨拶をしながら通って行くなあと顔をあげるとボキューズ氏だった!驚きました。


当時私が研修したこのお店の様に時代的には古いとも言われるかもしれない昔ながらのお菓子。これが段々と忘れ去られてしまうのは寂しいものです。



私もN氏もこの店の創業者であったモーリスさんに直接師事されたシェフたちにチョコレートやお菓子の焼き方、テクニックを学ぶ機会がありました。その数年後にはこのようなテクニックを知るシェフたちは定年退職してしまいました。



昔ながらのものは時代の流れによって変化していくものでもあります。ただこの味が今の洋菓子の原点だという事を子供たちに味わって貰い伝える事は私にもできるのではないかな?と思います。








Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

tintinmaman

Author:tintinmaman
タンタンママです。フランス菓子を勉強するために渡仏。フランス・リヨンの郊外での生活も15年目突入。パティシエを続けながら、同職の夫と2人の息子たちとのんびり生活中。

夫→普段は物静かな人。しかし怒らせると手が付けられない典型的なラテン男。こだわる事については完璧主義な働き者。

タンタン→長男・2008年5月4日生まれ。サッカー好きなおしゃべり9歳児。

ジュジュ→次男・2013年8月21日生まれ。お兄ちゃんと同じ4000gで生まれたビックな赤ちゃん。年中さん。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター