FC2ブログ

海の向こうで暮らしてみれば

日々の小さな発見や初めての育児、ワンコのことをゆっくりつづります。

Entries

なんだかなぁ


フランスに住んでいると「あれっ?」と思うことはよくある。


でもそういう事が起きた時に「もしや私が悪かったのか?」と考えてしまうのが日本人だな~って思う。


よく「切れない子」を育てるには?とか耳にするけど、フランスでは本当に忍耐力が必要。



もしかしたらフランスで産まれてこの世界しか知らない子供たちにとっては当たり前で、必要ないのかもしれない。


先日は会社から年末にもらった買い物カードを注文した。

そのカードのサイトに行って、自分の好みの商品券を選んで自宅に郵送してもらえるシステム。私は普段行くスーパーで使える商品券を選んだ。待てど暮らせど郵送されないから、注文したサイトに問い合わせてみたら、なんと1度は自宅に配達されたのに不在だったから、自宅から近い郵便局に数日置いてあったとのこと。それでも私が受け取りに行かなかったから、送り主に送り返されたと言う。

私が郵便局に行けなかったのは不在表が入ってなかったから。配達されたことさえ知らなかった。

じゃあその送り返された商品券もう1度配送して貰えますか?と問い合わせたらそれは出来ないとのこと。

結局その商品券をまた注文し直して下さいとのこと。


なんだかなぁ・・・と思ってしまう。

それなら最初から以前の様に選べる商品券じゃなくて、どこどこのスーパーでしか使えませんよ。というシンプルな金券カードをくれた方が良かった。






今日はお店に入って、急ぎで現像しないといけない写真を現像することにした。今は便利な写真現像機みたいなのがあるから。

結論から言うとその現像機で、写真5枚を現像するのに30分かかった。途中で投げ出して帰ろうかと思ったぐらい。

こんなにお店の販売の方のサービスが悪くて、気分も悪いし、時間も無駄にするなら次回はネットのフォトショップで現像した方がよっぽど良いと思ってしまった。




郵便局にしてもスーパーの店員さんにしても、どこでも日本のサービスは凄い!と思う。

お客さんを満足させるためのサービスは日本の誇りだ!とさえ思ってしまう。

私は今の企業レストランにしても、ホテルのパティスリーや空港での販売経験があるから、サービスする側にとっての「嫌なお客さん」と言うのが痛いほどわかる。

でもね、その嫌なお客さんがどうとか言う前に最低限のお客さん相手のサービスの基本と言うのがあるんじゃない?って思う。



このサービスの基本をフランス人には求めてはいけないのだろうか?こんなんじゃ誰もフランスに観光なんて来なくなるよね。


最近つくづく思う。

フランスで生活していく上で大事なこと。


日本とは比べてはならない。こんな時日本だったらと思ってしまった瞬間から傷つくのは自分。


知っているのに今日は比べてしまったよ。


「私は日本人ではない。日本人の顔をしたフランス人だ~!」と思いこむことにする。



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

tintinmaman

Author:tintinmaman
タンタンママです。フランス菓子を勉強するために渡仏。フランス・リヨンの郊外での生活も15年目突入。パティシエを続けながら、同職の夫と2人の息子たちとのんびり生活中。

夫→普段は物静かな人。しかし怒らせると手が付けられない典型的なラテン男。こだわる事については完璧主義な働き者。

タンタン→長男・2008年5月4日生まれ。サッカー好きなおしゃべり9歳児。

ジュジュ→次男・2013年8月21日生まれ。お兄ちゃんと同じ4000gで生まれたビックな赤ちゃん。年中さん。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター