FC2ブログ

海の向こうで暮らしてみれば

日々の小さな発見や初めての育児、ワンコのことをゆっくりつづります。

Entries

メンテナンス月間


こんにちは。

何とも暖かい秋の終わり。あと1カ月でクリスマスなのに厚手のコートをやっと出すかな?と言った感じ。


相変わらず子供たちのサッカーに合わせて一週間が回っているような日々ですが、今週は久しぶりに仕事も忙しくちょっと疲れモードです。


それに加えてフランス各地で黄色いジレ=黄色い蛍光色のベストをはおった人々がデモを起こしています。大統領が変わってから1年半。各種税金が高騰しています。

事の発端は色々あるみたいですが、特にガソリン代があがり続けています。わたしはSP95という種類のガソリンですが、デモ前は1.64ユーロ/1L払っていました。今は1.4ユーロ/1L まで下がりましたが、それでもかなり高いですよね。

バスや電車などの公共の乗り物がない地域に住んでいたら、仕事に行くのも車なしでは不可能。デモを起こしている人たちの中にはパリで暴動を起こした人たちも少しだけいますが、ほとんどは庶民なんですよ。ほんのひと握りの人たちが暴動を起こしただけ。


その人たちが、高速道路や大型ショッピングセンターなどの入り口の道をブロックしています。


私も通勤で高速道路の入り口を通過するので毎朝通り抜けるのに5分から10分はのろのろ運転になります。田舎なので抜け道や回り道はたくさんありますが、それでも毎朝30分は早く起きて、20分くらいは早めに家を出ないと遅刻してしまいます。


大きなデモが始まったのが17日の土曜日。少しづつデモを起こす人々の数は減っていますが、まだまだこの状態は続きそうです。




先週悲しいことがありました。いつも職場の外にある段ボールの回収に来てくれるおじさんがいます。会社に長年勤めていらっしゃる方で、レストランの段ボールのごみも大量に出るので、週に数回は回収に来てくれて会社の敷地内の別の場所で圧縮してくれます。


その方50代後半であと数年で定年退職だったのですが、水曜日の朝に気分がすぐれないと保健室へ自ら向かったそうです。その途中の廊下で心臓発作を起こし亡くなってしまいました。


これも不思議なご縁なんですが、レストランのお皿洗いに来て下さっている派遣のおばさま(シルビーさん)がそのおじさんの義妹さんなのです。もちろんおじさんの会社の方たち、かなりショックを受けていました。

私たちもシルビーのこともそうですし、いつもお世話になっていて当日亡くなられた日の朝も同僚が「おはよう」と挨拶したばかりだったのでショックでした。


福島の震災の時にも思いましたが、人間の命は儚いものですね。あんなに元気だったおじさん。シルビ―も前日に会ったばかりで身元確認を行った後ですら「信じられない」と言っていました。

1日1日を楽しんで、悔いのないように過ごしたい。そう強く思います。





今月は色々重なりメンテナンス月間です。

☆美容院

7月の末に同僚に紹介され始めて行く美容院でかなりバッサリ切ったのですが、これが大失敗。見た目は良かったのですが、数か月内側の短くすかれた髪が頭皮に当たって痒いのなんの。数か月我慢しました。そこから手に負えず、いつも縛っていたのです。

秋休みに髪の量が物凄い多いN氏の叔母さんが、何かの話から自分の行っている美容院の話をしてくれました。息子たちのサッカーチームの近くだったので、行ってみました。

もう何をやっても縛るしかない感じに長さが揃わずまとまらないので、肩に着くほどまで短く10センチぐらい切りそろえてもらいました。色々な髪質を切ったことのある美容師さんでした。またリピートしたいと思いますし、タンタンも是非連れて行きたいと思っています。




☆眼鏡屋さん&眼科

フランスの眼科は予約が1年後などと言うのもよくあることです。我が家は行きつけの眼科の先生が定年退職されたので、なんとか新しい先生に予約を入れました。それでも3ヶ月待ちました。


私のコンタクトレンズの処方箋とタンタンの定期健診。

私は日本で夜目を休めるように作った眼鏡を月曜日のヨガのときもつけるようになりました。運転をその眼鏡でしていくので、度を少し上げた方が良いと言われました。コンタクトレンズも中学生から長年使っているので、週に2度くらいは眼鏡だけで過ごすなどしないと年齢と共にコンタクトレンズの使用が出来なくなるよとのこと。


タンタンは1年半位前から近眼で授業中は眼鏡をかけています。その眼鏡の度が進んでいるとのこと。こちらも眼鏡を変えましょうと処方箋を出されました。


※その後2人で眼鏡屋さんへ

これまたフランスの眼鏡屋さんは面白いシステム。この日タンタンと半日使って2件の眼鏡屋さんに見積もりしてもらいました。

日本で売っているような眼鏡はフレームが2~3倍はします。ブランド物のフレームだともっとするのかな?
その上国民健康保険からは6ユーロ位しか払い戻しになりません。その残りのお金は個人で加入している相互保険からの払い戻しになるわけです。それでも私が加入している保険だと150ユーロくらいは自分でお金を足すことになります。


どの眼鏡屋もお客側に得した感を持たせるため1本眼鏡を作ると2本目サービスみたいなことをやっています。

私は 新しいフレームの眼鏡+同じフレームに黒レンズを入れたサングラス になりました。

タンタンは 新しいフレームの眼鏡+古いフレームに新しいレンズを入れた眼鏡+サングラス〔度なし〕 になりました。

2軒お店を回っても全然違う値段を見積もりされてびっくりしました。私は始めてフランスで眼鏡を作ったので、顔と鼻の高さにあわせたフレームを見つけるのに一苦労。お店の人も売りたくて必死ですから(笑) 結局元はサングラス用のフレームに眼鏡用のレンズを入れることで落ち着きました。


その他にも歯医者へ行ったり、今週末には産婦人科の健診があります。


狙った訳ではないのですが、健診やメンテナンスが重なりちょっとバタバタしております。12月は会社やサッカーチームなど各所でのクリスマス会やら、ジュジュのお友達の誕生日会も1件入りまたしてもバタバタしそうです。

金曜日から珍しくジュジュが風邪です。体調管理も難しい気温変化で水曜日のサッカーの練習の時に冷えたんじゃないかな?と見ています。なるべく体に気をつけて年末過ごしたいと思っています。






Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

tintinmaman

Author:tintinmaman
タンタンママです。フランス菓子を勉強するために渡仏。フランス・リヨンの郊外での生活も15年目突入。パティシエを続けながら、同職の夫と2人の息子たちとのんびり生活中。

夫→普段は物静かな人。しかし怒らせると手が付けられない典型的なラテン男。こだわる事については完璧主義な働き者。

タンタン→長男・2008年5月4日生まれ。サッカー好きなおしゃべり9歳児。

ジュジュ→次男・2013年8月21日生まれ。お兄ちゃんと同じ4000gで生まれたビックな赤ちゃん。年中さん。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター